Text Size :  A A A
  ニュース    お食事    お飲み物    らかんかについて    アクセス    日記    クーポン    リンク  
お客さんが余っているコンサートチケットをなんとかしてあげたい
ということで、もう一人のお客さんと都合3人でコンサートに行くことに

しかもあろうことかperfume!
3人の容姿と楽曲のイメージはあるものの
まともに歌える曲などあるわけもなく
はたして楽しいのやら

昔はよくコンサートにでかけたものだ
それが、どういうわけか足が遠のき、最後のコンサートがいつだったのか
思い出せないくらい!
そういう意味でも楽しみではある

京セラドームは開演間際とあってにぎわっていた
男子も多いが、女子もそこそこ
年齢層も様々だが、やはり20代30代が多いか
肩からグッズのタオルをひっかけたファンも多い

場内早くも手拍子がおこり今か今かと開演を待ちわびている

幸い僕らの席は大変見やすい場所だった
中段正面より左30度ほどずれてステージがよく見れた
何台も設置された大型スクリーンには幾何学模様が映し出され
次々とその姿を変えていき、場内あちこちから発射されるレーザー光線と
あいまって近未来のような雰囲気をかもしだしている

このまま書いているときりがないので結論を書こう

1.コンサートは十分楽しめた
 彼女たちは元来歌い手というよりは、一つの独自の世界を見せてくれる
ショーガールなのだ

 舞台装置や照明などなど綿密に計算しつくされた構成で彼女たちが作り出す
perfumeワールドは十分楽しめた


2.居心地の悪さ
 ファンでない我々3人は終始椅子のこしかけていた
見るところ場内の全員が最初からスタンディングでのりのり踊り歌っているのに
我々の席だけ別世界

 もちろん、3人とも楽しんでいたのだが、なんとなくまわりの冷ややかな視線
(なかったのかもしれないが)を感じて100%集中はできなかった
なんと気が小さいことか


3.アンコールがない!
そういうコンサートもあるんだと知った
「アンコール!」の掛け声とともに手拍子をする準備をしていたら
終了のアナウンスが流れ、照明が明るくなって、アンコールを求める声など
どこにもなかった
ま、あっさりしてるね
「朝まで!」なんて言うやつはいない!

4.コンサート前に男子トイレの長蛇の列
普通女子トイレはどこでも混むが、男子トイレがこんなに長い列を作るのは
生まれて初めてみた


ま、ちょっぴり疲れたがおもしろかった!

夜、生玉神社(いくたまさん)に初詣にでかけた

お参りは、願い事をするのではなく、お礼を申し上げるのだという忠告が頭に残り
また、後ろの人も早くお参りをしたいようなので
できるだけ手短に、一年無事に過ごせたお礼とわずかばかりのお願いを唱えて
お参りをすませた

一年のでだしが大事とばかりに勇んでおみくじをひく
「14」の番号を伝えてもらった紙には

ただ一文字
「平」
とある

「平」???
「吉」でもなく「凶」でもな」
「平」

もしかして「並」ってことか

あるいは生玉さんでは「凶」はなく「平」かも

いやいや、こんな文字にだまされてはならぬ
書いてある中身が問題じゃ

さてさて、「商売」はいかに???

「売るも買うも悪し」

!!! !!!

他は読まず、たたんで縄にくくりつけ
一切なかったことにする

忘れて甘酒を飲んで神社をあとにする
お客さんの結婚式に参加した

須磨のお隣塩屋にある旧グッゲンハイム邸での挙式披露宴

お天気に恵まれてよかった!
まさしく小春日和
屋敷の2階からは穏やかな初冬の海が見渡せる

式を待つ間、この穏やかな景色を眺めたりなか
天井の高い洋館の壁に貼られた新郎新婦の生い立ちの写真に
見入ったり

式は庭で行われた
新郎新婦はほんとうに嬉しそうだ
(もちろん、そうでなくっちゃ困る!)

その後、1階に用意された披露宴の食事に目を見張る
最後の晩餐にでてくるような長いテーブルの上には
でかい魚が横たわり、周りには鯛なんかの魚やぱんや
木の実やフルーツや葉っぱが芸術的センスで並んでいる


その食べ方やそれ以外の食事の供され方も変わっていて
驚くとともに参考にもなる

なかなか素人(?)には思いもつかない!

その後もバンドをやっている新郎が仲間と演奏をしたり
新婦が習っているカポエイラを仲間と踊ったりと
なかなか他では見られない宴だった

残念ながら夕方の時点で宴を辞したが、
その後も夜まで残る人が多かった

今までいくつもの結婚式や披露宴に出席してきたが
今回はなかなか他にはない個性的なものだった

きっとこれからは結婚式もお葬式もオリジナリティーが高いものが
どんどん増えていくんだろう