Text Size :  A A A
  ニュース    お食事    お飲み物    らかんかについて    アクセス    日記    クーポン    リンク  
夕方オープンしてすぐに入ってきた男性客。

あのう、三澤さんはおられますか?
こんなことを言いながら入って来る客はいない

恐る恐る
私ですが、、、

私、Mと申しますが、
家賃が振り込まれてないんですが、、、

ドキッ!
わ、忘れてた!
25日までに振り込まないといけないのに
今月はすっかり忘れてた!

しかも大家さんはこんな顔か?
11年前の契約の時にチラッと見たたけだから
すっかり忘れてる!

今夜振り込むので明日には入りますから

なぜか携帯も繋がらなかったとかで、
多分夜逃げでもしたんじゃないかと
心配で来たのだろう

おいおい、誰もいないんだから
一杯くらい飲んでってよ!
もうちょっと店子を思ってくれても
バチは当たらないのに ね!
夜ヒマにしてたら一本の電話!

今からなんて空いてませんやねえ?

大丈夫ですよ!

では今から2人で伺います!

それから五分後、再び電話

先程の者ですが、東京から電話してるんですが、らかんか違いでした!すみません!!

はて?
同じ名前の飲食店がある?
検索する

すると
東京新橋に
薬膳鍋らかんか
があった!

食材その他こだわりの店のようだ
前日予約が必要らしい!

そうか、
混んでるか!
羨ましい❗️

東京でよかった!
最初にきたご夫婦のお客さん
入ってきたときにご主人がこちらを見て
少し笑った気がした

うん?知ってる人か

顔をよく見るが知っているようでわからない
先方も何も言わないから勘違いか!

でもしかし
しばらくしてから
「三澤?」
うん?


やはり知っている人か!
でもわからん
すぐ降参

「どなたでしょうか?」
答えは高校時代の同級生だった!
言われてみれば面影はある
なるほど

でもよく店がわかったね
県庁に勤めている彼は同じ職場にいるもう一人の同級生から
僕の名刺をもらってきたらしい

年に一度奥様と旅行しており今年は大阪と高野山らしい

実に40年ぶりの再会
うれしいね
そして次々と当時のことが思い出されて
彼らが帰ったあとも当時聴いた歌が頭の中をかけめぐっていた

他の同級生にも会いたい

8月12日から19日までタイのチェンマイへ行ってきた
今までタイはずいぶんとでかけたが、チェンマイは初めて

老い先のことを考えるとやはり行ってないところ
そして行ってみたいところを厳選すべきと。

1週間過ごした感想
タイの人はもともとフレンドリーで親切だが、チェンマイの人はさらに
人がよいと感じた
おそらくどこの国でも同じだろうが、田舎の人の方が良くも悪くも
すれてない感じ

市内観光とナイトサファリ、山岳民族に会う以外はプールで泳いだり
買い物したり、のんびり。夜も早いので、バンコクやパタヤのように夜を楽しむことはない。
1週間はいらない

雨季なのでスコールは覚悟したが、後半をしとしと雨
傘がいったりいらなかったり、微妙な雨


宿泊したホテルはのんびりできてよかった
ホスピタリティの高さがうかがえる
オーナーの意思がはっきりと伝わる

さあ、次はいずこへ???
今年の夏はとにかく暑い!!!
命にかかわる暑さというのは大袈裟でない

この暑い夏を乗り切るためにしていること

できるだけ軽装
  おっさんが短パンというのは眺めのよいものではないが
  実をとるべし。見栄えはこの際捨てよう
  とにかく涼しく過ごす

ためらわず冷房
  電気代など気にしていられない
  とにかく一日冷房

こまめに水分
  朝から晩まで意識的に水分補給

涼しい場所を有効利用
  スーパーや地下街など涼しいところでゆっくり過ごす


それにしてもこの先年々暑くなるんじゃないかと 不安
年寄りにはこたえるぞ!!!
今日こそ鼓膜を4たび切開してもらい、再度チューブを入れてもらうのだ
いきごんで遠くの耳鼻科まで行き、めちゃくちゃ待ったはてに
思い通り鼓膜の切開をしてそこにチューブを入れてもらった

のだが、あれれ
なんかすっきりしないんだよね
水が入っているってほどじゃあないけど
まだどこかに何かが残っているような

自分の声もへんに聞こえる
慣れてくるんだろうか

夜の淀川花火
20回は来たかな
新作もあり今年もええもん見せてもらいました!
左目が充血してゴロゴロするので急遽ランチ後眼科に行った
診てもらったら、昨年手術した際の糸が中から出てきているとのこと
麻酔をして余分な糸を切ってもらった

その麻酔点眼をしている間、隣の視力検査をふとみると
高齢の小柄なおばあちゃんがおじいちゃんにつきそわれて
きている

すぐ目の前にいる検査技師のお姉さんの手元には
大きな紙に書かれた「C」のマーク

検査技師さん
「どっちがあいてる?」
おばあさん
しばし考え
「まんなか」
検査技師さん
困惑気味に、いや絶望的に
「まんなか、、、」

おばあさん、まちがえじゃあない
確かに真ん中はあいている!

目のゴロゴロも忘れてしまう
早く中国メニューを作ればいいのに
お客さんにも言われる

自分でもそう思っている
それがなかなか忙しいのを理由にいつまでたっても
できなかったが、
今日とりあえず第一弾を作った!

夜の定食とドリンクセットのメニューのみだが。
まあ、まずはできるところから
麺類とドリンクのメニューはまた今度!

増える中国人など観光客へのサービスを
充実させるべきなのはわかっているんだけどね。
サッカーのワールドカップが終わった

3位決定戦も決勝戦も見ごたえがあった

初の決勝に進んだクロアチア
優勝には届かなかったが
やり遂げた感があった

フランスのグリーズマンが仲間の輪から離れて
一人涙する映像は感動する

スポーツはいい
するのはからきしダメだが、見るのは好きだ

ドラマと違って純粋に楽しめる
今度はテレビだけではなく実際にいろいろな試合を観に行きたい
また違った感動が味わえるかもしれない
準備ができていない時に限ってお客さんが来る
今は来ないでくれえ
と思っているとお客さんは来る

さあ、いつでもどうぞ!
淳敏万端、今日は早くに用意できたと思っていると
お客さんは来ない

よくあること!